春雨が翻っ緒に男性性機能障害翻っ

2016-06-08

三月の小雨

私そっくりなぁ、綿の降り続いて、いったん春雨でいったんは緑で、しかし今年もう春を踏み出す、房前裏に春の影はそんなに明るくない.緑の茂る、その抽の頭、綻のゆがめるは開きません.もしあれらのにくいように伸びやかな愁いを抱え込む、花の春のようなロック成冬は春になって、息が詰まる.

あんなにたくさんで窓台の前に、窓の外を見て小雨がはらはらと、つまらない間,男性性機能障害、数えてぽつぽつ雨の音は、この少し寂しいの雨の日には、もないといっても満足する事.緒方も行ってきたし.ただあれらの感傷希翼愁怨みもこれに変化満天の春雨着地融泥.次の朝、靑草、緑の葉、赤い花.この年の春はもっと美しい春になり.私の気持ちもつれて一緒に咲く花紅柳緑だっ起伏して、生命の緑と赤.それはどんなに別様、私は望んでいる.すると理に、前額には目の髪の毛が隠され、1枚の顔を春に露にした.自信」のように、昔の陽気の朝、準備をのように美しい.記憶の中では何もできない天国、快楽の幼いころ、花の靑春の靑春、出会いの恋、でこぼこの運命に直面.風に漂う歳月は殘片黄葉、冬になってからは昔の色,記憶のこまかしいを拾い、また、当初の完璧な姿にならない.美しくて、無声がない.もう1地の悲しみとマイルドの気持ち、拾い上げるの快楽はすでにまばらになっています.

私は春が来ると言って、しかし私のまわりはいつも朽ちている息が充満して、地獄の音に伴って、うなされは私の長い間に付きまとうています.私は目を見開いて、首を伸ばして、結局やはり希望の影と日光の美しいことを見たことがありません.さだの年回りに、私は時に煥発、時に物寂しい、生命は春夏秋冬の輪廻の中でもてあましている.

春の雨がまばらに疎していて、滴っの雨音は依然として.静かなこのお城の奥に、春のように奏でる楽曲、調生きる孤独者静まりかえった命.春雨がつい想像まで詩情拒否呻吟.この春,私どうみる生命を訪れる春景色、自分の文字が美しい.思いは春雨に漂って、心は霧雨で陶冶、雨はいくつかのものを洗うことができるのはもっと美しくて、さもなくばどうして風雨虹がある.しかし、今私は多くの美しい、私は、このように、このように、より多くの悩みにも、多くの悩みを、より多くの悩みを、多くの悩みを持っていることを望んでいる.雨がbanditzeroて空がbanditzero.緑の葉、靑空の草、赤い花の花.それはかつて来たことを目撃して、

はかつて来て、

Copyright© 2012-2013 健康情報ー男性性機能障害の知識 All Rights Reserved.