一度は将棋の試合

2016-03-21

土曜日の午後、私と母は1度の将棋の試合をした.始めたばかりで、私たちはとても自信がある.私たちは家の中から選んだトップの達人だから.父の始まりに従って、私と母は1度のピークの極点を展開しました.

私に选ばれた赤棋、お母さんに选ばれた黒.お母さんは準備して先に行って、私は先制する必要がなくて、急いで母に言います:“お母さん、古語が上手になります:赤先に黒にして、負けています.」お母さんは行、あなたは先に行きます.お母さんの頂点と思って私により、将棋ない母を胸に、しかしいくつかのターンして下りてきて、お母さんは私に注意しないうちに、私の車を食べた.まもなく、私のもう一つの車また捕虜、私は2つの有能な干将がお母さんに连れ去られ、心中非常に焦るとお母さんと私は笑って、私が発見していないそれは将棋の達人.どうしようかな!私は母を見て、彼女は小曲を口ずさんて私は笑う!

私は心がもっと急いで、わざと言って、わざと言います:“おや、神様はどうして私を手伝ってくれないで、お母さんに手伝いますか?お母さんのこの何日も焼香をしていますか?それとも、神様は寝てない、間違ってくれた?……」お母さんは聞いた、お腹は哈哈大笑……その時、私は大声で将軍、母は1人の言い張っ、顔の上の笑みはすぐに凝縮して、すでに晩に、私の2は大砲を大筒て彼女の“将軍府”の猛轟に向かっていた!お母さんは挙手降伏する.私の心の中は喜々と!この碁はお母さんの失敗に終わった.

私たちは、この碁、私は棋に勝って、また1つの道理がある:謙虚に人を進歩させ、誇りに人を立ち後れさせる.私達は謙虚に他人の長所を学ぶこと、自分の不足を補うことを補って、できない知識は謙虚に先生に向って、学友、両親に教えてもらって、決してメンツがなくて、他人の学習の機会を逃しました.

Pは、

Copyright© 2012-2013 健康情報ー男性性機能障害の知識 All Rights Reserved.