秋の男性性機能障害養生女は3部位を掩必要とする

2017-05-31

あっという間にもう十月

、秋風がゆっくり吹き始めて,人々のふもとから自分の身に足を付ける服、女性はこの季節もしっかり自分を守って、特にこのさんの部位に侵入しないよう、邪风.

P1、へそを押さえ、へそを拒否、蓋をして着付け

では

初秋の天気、朝晩は涼しくて、昼間は暖かくて,君がいない夏の汗もない冬の冷たい風がさっとし、おしゃれな女性が自然に見逃さないようにショースタイルの良い時機、そこで、へそ出しルックも町の風景に.

には、女性にとって、大切な器官はすべてここに帰することで、風邪の侵入は月経困難症などの婦人病の疾病を誘発することができます.夜寝ると蒲団が好きな人は蒲団のヘソ、パジャマよりもさらに保険が.

p2、ひっかけの背中――茣蓙撤収、<

に報復行動、自然界の陽の息が収め、鬼気だんだん長い,男性性機能障害、足の陽の息は集まってこそ、正気存内、邪不可干、冬は怖くない寒邪を襲った.

背中の督脉が温阳の役割は、だから、養護陽気で、背中にちょっと暖める.寝ても茣蓙茣蓙のさっさと下げて.

P3、ひっかけの足――サンダルは靴下、寝ても靴下

を着用します.風に頭が、暖かくてぼうぼう;足は風に対して、お医者にどうぞ..頭部は相対低温保持に適して、足の足は保温に注意して.足に多くのつぼ、例えば足三陽経の起点を司っている肝脾腎臓などの重要な臓器に影響が風邪を引いて、風を受け自然その器官の正常な仕事.

お湯は足を足湯て、秋にはサンダルを履きなくても、足の良い習慣になっている.サンダルをおしまない人は、靴下を履いてサンダルを履きます.手足が冷たいと体が弱い人は、夜にはダブル薄い靴下を着て寝.秋の肌は乾燥、かかとは割れやすい、足後に靴下を履いて寝る、それにとても良い保湿効果があります.

Copyright© 2012-2013 健康情報ー男性性機能障害の知識 All Rights Reserved.