七人の男性性機能障害愛運動

2016-07-18

私たちの仕事数十年、休みの心臓、一刻も早く健康生活の良い生活をしています.以下の四項愛は心臓病の人に参考にならない人は参考にして、心臓血管にかかる人はもちろん、もちろん、愛という方法に注意しなければならない.

心臓病どう予防予防と

心臓病予防

【愛】:戒菸行動いち

タバコの病気の確率は、タバコを吸わない人よりも、タバコを吸わない人が高い.タバコを吸っている人は、心臓病になり、タバコを吸っていない人が急死しやすい(1時間以内に死亡).

吸うたばこも吸い族いち日を超えないたばこよんしよ支菸以下、罹患心臓病の確率を引き出し、よりも高いたばこ者は50%、もしいち日いち包菸は
av女優 媚薬,罹患心臓病の確率は吸わないようにタバコ者さんの倍以上.

ニコチンは、心に鼓動が加速し、心臓出力の血液、心筋の酸素は酸素の量が増え、血圧も上昇するという.一酸化炭素は心臓組織に代わる酸素に取って、心臓にもっと頑張らなければならない、才能のある酸素を得ることができます.

タバコができている化学物質ができます、コレステロールや脂肪が容易になりやすいと血管になりやすくなります.

4分の1には、多くの食生活というのが愛心

1、脂肪が少ないと

一、脂肪が少ない

動物性脂肪(例えば肉、牛乳やチーズ、バター)やヤシ油も含む飽和脂肪酸は、血液中のコレステロールの含有量を増加することができて、いったん血中コレステロールは高すぎて、沈积は血管の壁を形成し、動脈硬化、心臓病.

二、ナトリウム

低ナトリウムで血圧を下げ、心臓病発生のチャンスを下げることができる低ナトリウム.ナトリウムは主に食品の料理の食塩の中から来て、だからあまりにも塩辛いを食べないでください.

3、少ない熱量

量が少なく、標準体重を維持し、太っていることを避ける.肥満は心臓の負荷が増える一方、糖尿病や高血圧などにもなりやすいが,この2種類の疾病は動脈硬化の発生を加速させる.

4コーヒー

コーヒー、お茶とカフェインの飲み物は心臓を刺激します、心臓の負荷が増加することを増加します.

五、多繊維

果物、野菜、穀類に含まれる可溶性繊維,男性性機能障害、血中コレステロールを下げることができます.でも果物も食べ過ぎ、多くのカロリーを摂取しないように.

「愛行動3:運動

たくさんの運動をして

.運動はコレステロール、拡張血管、低下を下げることができます.

Copyright© 2012-2013 健康情報ー男性性機能障害の知識 All Rights Reserved.