男性性機能障害ED

男性の勃起能に問題がある状態は以前はインポテンスと呼ばれていました。しかし、最近では男性性機能障害 (Erectile Dysfuncion)=勃起障害という呼び名が一般的です。日本性機能学会では「性交時に有効な勃起が得られないために満足な性交が行えない状態で、通常性交のチャンスの75%以上で性交ができない状態」を男性性機能障害としています。加齢に伴い増加することがわかっており、日本における男性性機能障害の患者さんの数は約1000万人いるといわれております。一方、70歳代の男性でも半数以上が性生活で現役である、という調査結果もあります。したがって男性性機能障害は高齢者社会の「生活の質」を考える上で大きな問題の一つです。
男性性機能障害の原因
男性性機能障害の原因は多岐にわたります。大きく分けて「機能性男性性機能障害」と「器質性男性性機能障害」があります。心理的な問題や精神的な問題が原因となる「機能性」のものと陰茎海綿体やそれにかかわる血管、神経、内分泌環境などに異常のある「器質性」があります。
機能性男性性機能障害
不安、緊張過多、ストレス、人間関係などの心理的な問題や、そううつ病。神経症など精神的な問題が原因で起こります。新婚男性性機能障害などの多くは機能性男性性機能障害です。
器質性男性性機能障害
血管、神経、内分泌環境などに原因する男性性機能障害です。喫煙や糖尿病、心不全、高血圧、動脈硬化などが男性性機能障害の発生に深く関連します。直腸癌や前立腺癌の手術によっても高率に男性性機能障害が起こります。その他ある種の抗圧剤、消化性潰瘍治療剤、向精神薬などの薬物が原因で起こることもあります。

シアリスまとめ|即効性に優れたED治療薬

Copyright© 2012-2013 健康情報ー男性性機能障害の知識 All Rights Reserved.